ホワイトニングの手法

ホワイトニングには、代表的な二つの方法が存在しています。歯科医院では、歯に直接専門の薬液を塗り、レーザーや特殊な光を当てて歯を白くしていくのが一般的に行われているのが方法で、これをオフィスホワイトニングと言います。方や、自宅で行うホームホワイトニングは、個人の歯形に合わせたマウスピースを装着して、特殊なホワイトニングジェルを流し込み、段階を踏んで歯を白く仕上げていく方法です。

家しかし、自宅で手軽にをホワイトニングを行えるようになったとはいえ、歯科医師の指導のもと正しい手段で行わなければならないことは、当然理解しておかなければなりません。こうした、歯科医院と自宅で行うことのできるホワイトニングという二つの手法がありますがそれぞれ特徴があり、自宅で行う手法の場合は歯の白さを実感するまでに2週間ほどの時間を要しますが、逆に歯の白さの持続性や白さの明度は、歯科医院で行う手法よりも効果的だとされます。さらに、このホームとオフィスの手法の両方の長所を取り入れた方法も存在し、デュアルホワイトニングと呼ばれています。

また、FAPホワイトニングは、フッ化アパタイトという薬剤を使用しするもので、通常のホワイトニングよりもさらに効果が高いとされています。ほかにもウォーキングブリーチ、ダイレクトボンディング、ポリリンホワイトニングなどがありますが、それぞれの特徴がありますので、その利点や欠点を見ていきます。