軽快にホワイトニング

お姉さん最近、エステティックサロンなどでも行われるようになってきた審美歯科に、ポリリンホワイトニングがあり手軽に行えるとあって、若者の間で流行っているようです。この、ポリリンホワイトニングとは、ポリリン酸を利用したもので、ポリリン酸ホワイトニングとも呼ばれています

このポリリン酸は、着色物を除去する作用があるという事もあり、食器や洗濯用の洗剤の成分として使用されるほか、ポリリン酸ナトリウムは食品添加物にもなります。つまり、通常のホワイトニングと同じ原理で、歯の黄ばみやステインなど取り除くものです。ポリリン酸自体は、主に歯の表面の着色を除去するクリーニング効果があるもので、エステティックサロンでは料金も比較的安く、食事制限などもありません。また、抗菌作用も期待できますので、歯周病予防などにも有効に作用するとされています。

ただし、エステティックサロンなどでは、医療品である過酸化水素が使えませんので、ホワイトニング効果のほどはさほど期待するものではないのです。しかし、手軽ということもあり、自宅で行うことのできるポリリンホワイトニング剤も販売されるようになってきました。効果のほどは専門歯科医ほど期待できるものではありませんが、フッ素を含んでいない薬剤もされています。

≪参照サイト≫ホワイトニング:湘南美容クリニック大阪心斎橋院

特殊なホワイトニング

通常、ホワイトニングは、人間の生きた歯に施されるもので、神経を抜いてしまい死んで変色してしまった歯には対応できないものです。しかし、ウオーキングブリーチの手法を使うことで、黒く変色してしまった歯もその白さを取り戻すことが可能なのです。

医師このウオーキングブリーチというのは、ブリーチの単語が示すとおり漂白を行う審美歯科のことで、通常のホワイトニングでは不可能とされる、壊死した歯の白さを取り戻すものです。この施術方法は、歯の神経が通っていた管を利用するもので、この管の中に直接漂白液を注入し、変色してしまった歯を直接処理しようというものです。神経が死んでしまった歯は、医療用語で失活歯と呼ばれるもので、歯の神経そのものが失われていますので、通常痛みを感じることなどはほとんどありません。

ウオーキングブリーチは、数回に分け処置していきますが、管に薬液を入れる施術ですので、歯科医の指示する通りの期間、薬剤を交換しなければ歯が白くなりすぎるというトラブルも起こり得ますので、くれぐれも歯科医の指示通り定期的に通院しましょう。こうした失活歯は、全体のホワイトニングに影響しますので、の調整の相談などは細かく歯科医と相談して進めていきます。

ホワイトニングの種類

女の子まず、オフィスホワイトニングの特徴は、専門クリニックである歯科医や歯科衛生士が、施術のすべて行うことで、衛生管理と医療体制両方の安全性が確立された施術の方法と言えるでしょう。もともとこのホワイトニングは、審美歯科の一環で行われるもので、歯をきれいにすることを目的として行われるものです。

オフィスホワイトニングは、歯科医院内で行われるケアですので、そのほとんどがこの分野に入りますが、その手法により種類は異なります。通常のホワイトニングを行った後に、フッ化アパタイトをさらにコーティングする手法はFAPホワイトニングとよばれますが、利点はフッ化アパタイトを塗ることで、歯の象牙質の強度をさらに高めることができ、歯の白さの持続性も長くなります。

通常のホワイトニングでは、基本的に色素を取り除くだけですので、歯の白さに対し即効性はありますが、再び黄ばみなどのステインが付着しやすくなってしまうのです。また似た手法に、ダイレクトボンディングがありますが、これは歯の表層に樹脂を付着させることにより、歯間の隙間を埋めるあるいは歯の高さを調節する方法です。同じような施術にレジンと呼ばれる材料がありますが、保険適用のレジンとは違いダイレクトボンディングは、高い審美性と強い耐久力を持ち合わせます。

ホワイトニングの手法

ホワイトニングには、代表的な二つの方法が存在しています。歯科医院では、歯に直接専門の薬液を塗り、レーザーや特殊な光を当てて歯を白くしていくのが一般的に行われているのが方法で、これをオフィスホワイトニングと言います。方や、自宅で行うホームホワイトニングは、個人の歯形に合わせたマウスピースを装着して、特殊なホワイトニングジェルを流し込み、段階を踏んで歯を白く仕上げていく方法です。

家しかし、自宅で手軽にをホワイトニングを行えるようになったとはいえ、歯科医師の指導のもと正しい手段で行わなければならないことは、当然理解しておかなければなりません。こうした、歯科医院と自宅で行うことのできるホワイトニングという二つの手法がありますがそれぞれ特徴があり、自宅で行う手法の場合は歯の白さを実感するまでに2週間ほどの時間を要しますが、逆に歯の白さの持続性や白さの明度は、歯科医院で行う手法よりも効果的だとされます。さらに、このホームとオフィスの手法の両方の長所を取り入れた方法も存在し、デュアルホワイトニングと呼ばれています。

また、FAPホワイトニングは、フッ化アパタイトという薬剤を使用しするもので、通常のホワイトニングよりもさらに効果が高いとされています。ほかにもウォーキングブリーチ、ダイレクトボンディング、ポリリンホワイトニングなどがありますが、それぞれの特徴がありますので、その利点や欠点を見ていきます。